園の理想

安心と信頼を基礎に子ども一人ひとりの人格を尊重し子どもたちの幸せを第一に考えます。

  1. すべての子どもの「健康」「安全」対策に取り組みます。
  2. 安心して生活できる「保育環境」の整備を進めます。
  3. 一人ひとりの発達を見通して、乳幼児期にふさわしい保育の推進に努めます。
  4. 子育てに関する保護者の不安を解消するよう努めます。
  5. 職員の資質向上に努め、保育の充実を図ります。

めざす子ども像

げんきな子

元気とは、「気」の「元(もと)」。からだだけなくこころも健康的でなければなりません。くつろげる雰囲気で情緒の安定を図りながら、のびのびと元気よく生活してほしいと考えています。

あかるい子

人格や個性は、子ども一人ひとり異なるものです。園としてはそれを十分に認め、しっかりと受け止めて保育を行うことで、こころからあかるく、やさしい子に育ってほしいと考えています。

すなおな子

乳幼児期は子どもの人間性の基礎をつくる、とても大切な時期です。友だちと過ごす日々の中で、自分の意見を持ち自信を持つことで、こころからすなおな子になれるようにと考えています。

5つの活動方針をもとに 子どもたちのこころとからだの育成に取り組んでいます。

5つの活動方針

表現を楽しむ

相互に密接な関わりをもつこころとからだ。長年取り組む「マーチング」や専門の先生による「にこにこアート」など、子どもの未知の能力や、自発的な探究心を引き出し、表現することの楽しさを感じてもらいます。

食べるを楽しむ

“食”を通して、食べることの楽しさ、感謝の気持ちに出会います。子どもたちで挑戦する「クッキング教室」など、楽しくておいしい毎日の食事の時間も学びの時間として、園では食育に力をいれて取り組んでいます。

自然に触れる

玉里団地保育園は、季節のお花や草木あふれる自然豊かな環境です。子ども自ら自然に興味を持ち、からだをのびのびと動かして遊ぶことで、四季の移り変わりを五感で感じ、思考力の芽生えを養うことができます。

地域とのふれあい

「子育てサロン」「校区文化祭」など、地域との交流や協力関係を通して、園以外の大人や子どもとの触れ合いを大切にしています。子ども達があかるくのびのびと行動し、健やかに成長していけることを目標としています。

こころのケア

専門のカウンセラーを通して、保護者の悩みや子どもたちの様子、職員の教育など、幅広い「こころのケア」を実施しています。玉里団地保育園に関わるすべての人が“ハッピーになれる”、そんな園を目指しています。

クラスの紹介

ひよこ組

対象 : 0・1歳児

ひばり組

対象 : 2歳児

はと組

対象 : 3歳児

つばめ組

対象 : 4歳児

かもめ組

対象 : 5歳児
玉里団地保育園では、クラス名をかわいい『小鳥』さんたちの名前で構成しています。 小鳥たちが、かわいい・きれいな声で、森の中をにぎやかにさえずっている様子を想像し、 夢を膨らませ、クラス名を付けました。